トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  こころ体喜ぶ・スローライフ  >  マッドバス(カリストーガ)

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことの | トップページへ戻る | ついに・・・あぁ

このページのトップに戻る

マッドバス(カリストーガ)

2008年07月09日

アロマテラピーより、「Spa」が発展しているといわれるアメリカ。
おしゃれスパにも行きたかったのですが、
今回のアメリカでは、
カルフォルニア州のカリストーガ(現地言葉:キャリストーガ)という保養地で、
マッドバスを体験してきました。泥温泉のことです。
こちらのスパ施設は、宿泊もできますが、
日本でいうところのいわゆる、外湯を体験しました。
この地域は多くの施設がありますが、今回は一番安かったここに。
20080619_0232.jpg20080619_0233.jpg
(肝心なカメラは、お部屋に置き忘れ,内部の写真はなしです)

火山灰を泥んこ状態にした泥は、浴槽に満杯されていて
そこに、全裸になり入ります。
水分補給は、コップに入ったレモン水を何度もくれました。

セメントをこねたドロドロ状態なので、うまく底に体が沈まなくて困りました。
浮いてしまわないよう、お尻から入る感じ。
首から上を浴槽から出すのですが、デコルテ周りは自分で泥を
かけましたし、スタッフも後からかけてくれました。コツがいるようです。

そして泥が熱いーーーっ!!

朝一番で行ったので、熱さが均等じゃなくて
私の右腕のあたりの泥が熱く、左はぬるい。。。
こんな熱いとヤケドするかも。と真剣に手を泥の中に
入れなくてよかったです。

右腕だけ、(痛くもなんともなかったのですが)
低温ヤケド?のように赤くなりムラになって、夕方まで跡がついてました。

泥浴槽→シャワを浴びる→ミネラル温泉(ジェットバス)→シャワー
10分             10分

の予定だったのですが、
朝食をしっかり食べすぎて、どうも気持ちが悪い。。。。
途中で泥浴槽から出ました。

その後は、提供されるレモン水も飲み、体制をたて直して
体温よりやや高い程度の温泉につかりました。

そして、その後はシーツに包まれて静かに体を休めます。
このベッドに横たわっている時も、汗がどんどん出ます。
20080619_0234.jpg

コース選択すればマッサージも可能でしたが、
私は、ギブアップ!よろよろでした。

サンフランシスコはコートが必要な位、寒く、ここでは内陸のせいか、暑くて太陽がギラギラと快晴。

次回に行くとしたら、涼しいか寒い時期がいいかな?


体験したのは、1時間コースで、マッサージなしの二人プランを利用しました。
料金は$75。そしてチップは15%必要。(二人分)

これで日本円約10000円ですから、
どちらがいいかは、お好みかなー。

本来、このように汗を出すように体のスイッチが入ると、
アロマテラピーのトリートメントを受けても、精油成分も
体の中に入りつらいといわれています。(出て行くばかり)
時間をあければ別ですが。
なので、クタクタになりたくなかった私には、マッドバスだけで十分でした。
関連記事

ひとことの | トップページへ戻る | ついに・・・あぁ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

検索

サロンブログ

カテゴリー

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。