トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  旅・足袋・度  >  ビャクダンのありがたい小物

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスリース | トップページへ戻る | それでもやっぱりネロリ

このページのトップに戻る

ビャクダンのありがたい小物

2012年11月14日

先週末、大分県の国東半島へ行きました。

仏の里、今風に言えばパワースポットだそうです。

どんなところかな。とずっと気になっていた所で、
ようやく色んな偶然が重なり行くことができました。

自然がいっぱいの中で散歩したかったのですが、
なんと、現地についたら雨! しかもその夜からは暴風雨の予報。
えー信じられん!! ← まったく天気を調べず出かける「自称晴れ女」

でも、ここで凹むわけにはいかず、頑張って雨の中をなんとか行動開始!


両子寺(フタゴジ)につくと、それはそれは見事な紅葉。真っ盛りでした。
かなり歴史があり、また全国的にも影響を持つお寺のようで、
皇族の方々もお忍びで来られたほど。
住職さんが団体客に言われてたのが聞こえました。(笑)

子宝祈願に訪れる人も多いようです。

あ、本題に入らないと。

境内は立派で広いので、慌てずとも、まずはお寺の売店でお守りを物色。

で、みつけました~。こんなん。



なんと、ビャクダンの細工です。500円玉4つでお買い上げ。

ビャクダンといえば、仏壇のお線香を連想します。

アロマセラピーのビャクダンの精油は、サンダルウッドとも呼ばれています。

この細工。ちゃんとビャクダンの香りがします。あたりまえかな?
香道でも使われ、心が落ち着く香りです。

バッグの中に入れておくだけでも、ご利益ありそうな感じです。

教室部屋に見せびらかして飾っておきますので、気が付いたら香りを確かめてみて下さいね。


大分空港から(近いので)飛行機で訪れ、別府や湯布院まで足を延ばすルートも人気なのだとか。

別シーズンにまた行ってみたいと思います。

次回は、本当の目的地、ハーブ園で撮って来たハーブ紹介へと続きます。(予定w)


▲紅葉の一部
関連記事

クリスマスリース | トップページへ戻る | それでもやっぱりネロリ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

検索

サロンブログ

カテゴリー

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。